ジャムウソープ

おりものとは?

おりものは初潮を迎えた頃から分泌されるようになるものです。

 

おりものには子宮内膜や子宮頚管、膣壁などからの分泌物や古い細胞などが含まれています。
色は無色透明から白色をしていて少し粘り気を持っています。
月経の前後や排卵日などは分泌量が増えて臭いを伴うこともありますが、正常な状態の場合はほとんどにおいがしません。

 

おりものには、膣内で細菌が繁殖することを防ぐ役割があります。
膣の中はおりものによって弱酸性に保たれていて、外から雑菌が侵入したり膣内での増殖を防いでいます。

 

また、排卵期に精子を通りやすくして受精をサポートする役割を持っています。

 

おりものの量や状態は女性ホルモンのひとつであるエストロゲンと深いかかわりがあり、月経や排卵など、からだの周期を知るための目安にもなります。
また、年齢によって分泌量が異なることも知られています。

 

さらにはカンジダ症やクラミジア感染症、トリコモナス膣炎などを発症した場合にはおりものの色やにおいに変化が見られるため、女性にとっての健康バロメーターの役割も果たしているのです。